FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
アンコール故障かな?と思ったら
廃溶剤再生装置のアンコールですが、故障かな?と思ったら
まず水による性能テストをしてください。

セイワに修理を依頼する前に、まずはお試しください。
コストもかかりません。

【水を入れる前に】
① タンク底部がきれいになっているか確認して下さい。

② 蒸気吸込口を外して、吸入穴にカスが無いか確認して下さい。

③ フタパッキンが目視で亀裂、ひび割れが無いか確認して下さい。

問題なければ・・・

1.タンクから、ライナーバックを取り除く。

2.タンクに約1~2Lの水を入れます。

3.温度設定を200度にして、蒸留運転をします。

4.約15分から20分経つと、蒸留された水が排水口より出始めます。

5.蒸留工程では、あまり温度変化なく蒸留が続きます。

6.タンク内の水がほぼなくなり、ヒーターランプが点滅し始めます。

7.約90分~100分後にヒーターランプが消えます。ファンランプは点灯しています。

8.タンク温度が65℃以下になると、ファンランプも消えて、冷却ファンが止まります。

9.タンク内が空になっていれば、装置は正常に作動しております。

10.点検が終了したらラジエータ内の水分を除去して下さい。
  (次回溶剤再生時に水分が混じると再生シンナーが白濁する事があります)



その他の製品 | 【2010-04-27(Tue) 14:29:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。