FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
洗浄に必要な圧力
洗浄作業によって、必要な圧力は変わりますが、どのくらいが
適切がご存知でしょうか。

●ほこりや泥落とし、トタンの青カビ落とし・・・100㌔圧(10MPa)あればOK

●外壁、配管、農機具の洗浄・・・150㌔圧(15MPa)程度

●スレートの洗浄、密着度の弱いリシンの剥離、サンドブラスト、大規模洗浄・・・200㌔圧(20MPa)程度

●官公庁の圧力指定、大規模洗浄、リシンの剥離、サンドブラスト・・・300㌔圧(30MPa)程度

洗浄作業の効率アップには、圧力と同時に水量も影響します。
水量が多くなれば、「洗い流す」感じでスピードアップが図れます。


高圧洗浄機について | 【2010-12-13(Mon) 10:27:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

にほんブログ村 住まいブログ 建築工事現場へ にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。